Monthly Archives: 1月 2019

  • 0

コブで疲れない省エネ小回りテクニック

スキーの場合、運動不足だったり
年齢が上がったりすると、
コブでの小回りターンの時に
滑っている途中から筋肉の動きが
追いつかなくなったり疲れたりして、
下まで一気に下りれなくなったりします。
特に湿雪、悪雪、腐れ雪、引っ掛かる
雪の場合は、余計うまくいきません。
どうすればそれを改善できるのか?
その答えは、効率の良い=無駄のない
省エネテクニックを身に付ける事。
飯綱リゾートスキー学校の受け付けで
講師を無理やり原に指名すれば
多分きっと恐らくその講習が可能なはず
だろうと思われるかも知れない模様です。
ただし、事前に予約した方が
都合が合いそうです。

これは原ですが、どう見ても
後傾でスピードに負けて
飛ばされ気味で、技術的には
ひどい滑りです。
でも、途中では止まっていません。
尚、講習ではもっとスピードを
落とした練習をします。

(ご注意)
原は4スタンス理論
https://matome.naver.jp/odai/2138855649596158701
ではA1タイプのように思われますので、
特にB1、B2タイプの方には合わない
かも知れません。


  • 0
スノボ 初めて スキー場

いいづなリゾートスキー場がスノーボードを始めるのに最適な理由

スキーとスノボでは違いが あります。 どちらも最初は動く歩道の あるスキー場で始めると楽です。 いいづなリゾートスキー場動く歩道乗り場 で、その次ですが、スノボの場合は 横滑りやそれに似た「木の葉落とし」の 練習が必要になってきます。 それをやるのにあまり緩斜面過ぎると 前のエッジが引っ掛かったりして 難しいので、ある程度斜度のある コースへ行った方がやり易いです。 スキー場2017.1.22.様子S1450002 ですから、動く歩道の次に ペアリフトに乗って正面の 少し斜度のあるフォレストコースで 練習できるいいづなリゾートスキー場は 便利です。


Views